兵庫県西宮市は15日、市内の新型コロナウイルス感染者4人の個人情報が記載された書類を個人宅に誤ってFAX送信したと発表した。市は「軽率だった。きちんと対応できていなかった」としている。
 市によると、誤送信があったのは7日と13日。保健所から入院先の医療機関に送る連絡票を市内の個人宅にFAX送信した。連絡票には、患者の氏名や年齢、職業、住所のほか、既往歴も記載されていた。
 11日にFAXを受け取った人から市に連絡があったが、保健所内の連絡ミスで13日にも同じ相手に誤送信していた。
 市は、医療機関のFAX番号が8月に変わった際、保健所で誤った番号を記入したのが原因としている。 

(ニュース提供元:時事通信社)