東・西日本は16日、晴れて気温が大幅に上がり、35度以上の猛暑日になる所が多かった。気象庁によると、浜松市天竜区・天竜で午後0時40分に40.9度を観測し、今年の全国最高となった。同市内では中区でも40.2度となり、天竜と共に地点ごとの最高記録を更新した。
 国内の統計史上最高は2018年7月23日に埼玉県熊谷市で観測した41.1度。41.0度は3カ所で観測されたことがあり、天竜は気温別で3番目、地点別で5番目に高い記録に並んだ。11日には群馬県の伊勢崎市と桐生市で40.5度、埼玉県鳩山町で40.2度を観測しており、40度超は5日ぶり。
 太平洋高気圧の影響で晴れる日が続いている上、上空にはチベット高気圧も張り出し、暖かい空気に覆われている。17日以降も厳しい暑さが予想され、気象庁は熱中症を防ぐよう呼び掛けている。
 16日は39度超の所も相次ぎ、岐阜県多治見市で39.6度、高知県四万十市・江川崎で39.4度、山梨県甲州市と甲府市で39.2度を観測した。主要都市は東京都心(千代田区)35.4度、名古屋38.2度、大阪37.7度、福岡34.7度。
 午後6時までに猛暑日になったのは全国921観測点中の245地点、30度以上の真夏日は669地点(猛暑日地点を含む)に上った。 
〔写真説明〕天竜川支流の二俣川で水遊びする親子。浜松市天竜区の気温は今年の全国最高となる40・9度を観測した=16日午後、浜松市天竜区
〔写真説明〕猛暑の中、日傘を差して歩く人たち=16日午後、浜松市

(ニュース提供元:時事通信社)