観光庁は18日、国会内で開かれた野党会合で、観光支援事業「Go To トラベル」キャンペーンに参加登録している宿泊施設について、新型コロナウイルス陽性者が利用していたケースが17日時点で6件あったと明らかにした。キャンペーンが始まった7月22日以降の件数を事業者の申告を基に集計した。同庁担当者は「宿泊施設等に起因して感染者やクラスターが発生しているとの報告は受けていない」とした。 

(ニュース提供元:時事通信社)