日本感染症学会の舘田一博理事長は19日、東京都内で開催された同学会学術講演会であいさつし、「今は第2波のただ中」との見解を示した。
 舘田理事長は、全国や東京都で報告される感染者の増加速度が緩んでいることに触れ、「ピークを越えたかのようにみられているが、下がっていくのか再び上昇するのか、注意する必要がある」と話した。
 舘田氏は、今春の第1波に比べ、第2波では死亡者が少ないと指摘。高齢者の感染割合の小ささや、治療法の進歩などが影響している可能性を挙げた。
 学術集会は4月に開催予定だったが、新型コロナの流行を受けて延期されていた。 

(ニュース提供元:時事通信社)