日本列島は21日、東北南部から沖縄にかけて晴れた所が多く、午前中から35度以上の猛暑日になる所が相次いだ。気象庁によると、午前11時までに名古屋市で36.2度、大阪市で36.1度、群馬県桐生市で35.8度を観測した。
 気象庁は東北南部から沖縄にかけて高温注意情報を出したほか、関東甲信には環境省と試行中の熱中症警戒アラートを発表。外出を控えたり、冷房を使ったりして熱中症を防ぐよう呼び掛けている。 

(ニュース提供元:時事通信社)