東・西日本は22日も午前中から35度以上の猛暑日になる所があった。気象庁によると、午前11時までに浜松市中区で35.4度、名古屋市で35.3度、大阪市豊中市で35.2度を観測した。
 気象庁は東海と西日本の大半の地域に高温注意情報を発表。東京都と神奈川県には環境省と試行中の熱中症警戒アラートを出し、熱中症を防ぐよう呼び掛けている。
 一方、22日夜にかけては大気の状態が不安定になって天候が急変する恐れがあり、局地的な激しい雨や落雷、突風、ひょうに注意が必要という。 

(ニュース提供元:時事通信社)