気象庁は25日、四国では26日夜遅くから27日にかけて太平洋側を中心に大雨になる恐れがあると発表した。東シナ海を朝鮮半島西方沖に向かって北上する強い台風8号の影響で、南から暖かく湿った空気が流れ込むため。
 一方、九州北部と奄美、沖縄では26日にかけて強風や高波に注意が必要。25日の日中は東・西日本を中心に晴れて35度以上の猛暑日になる所があるとみられ、気象庁は熱中症を防ぐよう呼び掛けている。
 四国の26日午前6時までの24時間予想雨量は、多い所で太平洋側40ミリ、瀬戸内海側30ミリ。その後、27日午前6時までの同雨量は太平洋側200~300ミリ、瀬戸内海側100~150ミリ。土砂災害や低地の浸水、河川の増水に注意が必要という。 

(ニュース提供元:時事通信社)