熊本県を襲った7月の豪雨で氾濫した球磨川水系について、国土交通省九州地方整備局は25日、建設計画が中止された「川辺川ダム」が整備されていた場合、人吉市ではピーク時流量を約3分の2に低減できたなどとする試算を公表した。熊本県庁で同日あった国、県、流域12市町村でつくる検証委員会の初会合で報告した。浸水被害を抑えられた可能性があるとみている。
 九州地方整備局によると、人吉市内の水位観測所周辺の浸水高などから推定されるピーク時の球磨川の流量は毎秒約7500トン(速報値)。川辺川ダムで洪水調整できた場合、毎秒約4700トンまで減らせたとみており、次回の検証委で想定浸水域を示す予定。 

(ニュース提供元:時事通信社)