西村康稔経済再生担当相は26日の衆院内閣委員会で、観光支援事業「Go To トラベル」キャンペーンの対象に東京都を追加するかどうかについて、9月に新型コロナウイルス感染症対策分科会を開いて判断する方針を明らかにした。
 西村氏は、東京都でも7月末ごろをピークに感染状況は緩和傾向にあるとの専門家の分析を紹介。その上で「9月に分科会を開き、感染状況などを分析しながら判断していきたい」と述べた。
 菅義偉官房長官も記者会見で「東京都は人口も多く、追加された際はプラス効果は大きい」と、追加可能と判断されることに期待を示した。
 政府は7月22日にキャンペーンをスタート。しかし、東京都については当時、新型コロナの感染者が急増していたことから、直前に除外を決めていた。 
〔写真説明〕衆院内閣委員会の閉会中審査で答弁する西村康稔経済再生担当相=26日午前、国会内

(ニュース提供元:時事通信社)