気象庁は26日午後、東・西日本と南西諸島では27日にかけて局地的な大雨に警戒し、突風や落雷、ひょうに注意するよう呼び掛けた。朝鮮半島西方沖を北上する台風8号に向かい、南から暖かく湿った空気が流れ込んでいるため。
 27日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で、九州北部・南部150ミリ、四国と沖縄120ミリ、東海100ミリ、関東甲信80ミリ。
 26日は東・西日本の日本海側や内陸部を中心に35度以上の猛暑日になる所が多かった。鳥取県米子市と境港市で38.2度、香川県三豊市で38.0度、兵庫県豊岡市で37.6度を観測した。
 気象庁は27日についても猛暑日になる所があるとして、北海道から中国、四国にかけての広い範囲に高温注意情報を出すとともに、東京都と神奈川県には環境省と試行中の熱中症警戒アラートを発表した。 

(ニュース提供元:時事通信社)