【シカゴ時事】米中西部ウィスコンシン州ケノーシャで25日深夜、警官による黒人男性銃撃をめぐる抗議デモ中に銃撃事件があり、地元警察によると、2人が死亡、1人が負傷した。これに関連し、警察当局は26日、17歳の少年を殺人容疑で逮捕した。
 警察や米メディアによれば、銃撃事件は25日午後11時45分ごろ、ケノーシャ市中心部で発生。死亡した2人のうち1人は頭を、もう1人は胸を撃たれた。現地では当時、夜間外出禁止令が出されていたが、多くの人々が抗議デモに参加していた。
 これを受け、トランプ大統領はツイッターに「略奪、放火、暴力、不法行為は支持しない」と投稿し、「法と秩序を回復するため、ケノーシャに連邦治安要員と州兵を派遣する」と表明。ウィスコンシン州のエバーズ知事は連邦政府による支援の受け入れに同意したという。 

(ニュース提供元:時事通信社)