国内では28日、新たに新型コロナウイルス感染者が、36都道府県と空港検疫で計877人確認された。1日当たりの感染者が1000人を下回るのは7日連続。
 死者は大阪府で1日当たり最多となる9人のほか、福岡県で3人、東京都で2人など全国で計20人判明し、累計で1274人となった。
 東京都では、226人の感染者が新たに確認された。1日当たりの感染者が200人を超えたのは3日連続。長野県(19人)と福井県(16人)では、1日当たりの感染者が過去最多となった。
 長野県と信州大によると、うち5人は同大の学生。26日までに確認された同大の別の学生2人らと19日に県内で会食をしたという。参加した8人のうち7人の陽性が判明し、県はクラスター(感染者集団)が発生したと認定した。 

(ニュース提供元:時事通信社)