安倍晋三首相が辞意を固めたことについて、自民党内からは28日、驚きや落胆の声が上がった。稲田朋美幹事長代行は党本部で記者団に「突然のことだったのでただ驚いている。持病を抱えながら8年近く首相を続けてきたことに敬意と感謝(の思い)だ」と語った。
 世耕弘成参院幹事長は「本当に残念で断腸の思いだ」と表明。新型コロナウイルス対策をまとめたことなどを挙げ、「突然の辞任ではない。余力を持ったまま迷惑を掛けないようにと判断された」と述べ、「政権投げ出し」と批判された1次政権時の退陣とは異なるとの認識を強調した。 

(ニュース提供元:時事通信社)