東・西日本は30日、晴れて35度以上の猛暑日になる所が多かった。気象庁によると、兵庫県西脇市で39.2度を観測し、この地点の最高記録を更新。埼玉県鳩山町で38.4度、岡山県高梁市で38.3度、岐阜県大垣市で38.1度、広島県大竹市で38.0度を観測した。
 主要都市は、東京都心(千代田区)と福岡34.9度、名古屋37.1度、大阪37.0度。
 31日も猛暑日の所が多いと予想され、気象庁は冷房を使い、小まめに水分を取るなどして熱中症を防ぐよう呼び掛けている。 

(ニュース提供元:時事通信社)