気象庁は31日、東・西日本では気温が平年よりかなり高い状態が9月に入っても2週間程度続くと発表した。35度以上の猛暑日になる所があるとみられ、熱中症防止のほか、農作物や家畜の管理に十分注意が必要という。
 31日の最高気温は、兵庫県の西脇市と福崎町で38.2度、岐阜県多治見市で37.9度を観測した。1日も東海と西日本を中心に猛暑日になる所が多い見込み。
 8月4~30日の主要都市の平均気温は次の通り(カッコ内は平年値を上回った幅)。
 東京29.4度(3.0度)▽名古屋30.5度(2.8度)▽大阪30.8度(2.1度)▽広島30.0度(1.8度)▽高松30.7度(2.7度)▽福岡30.3度(2.3度)▽鹿児島29.9度(1.4度)。 

(ニュース提供元:時事通信社)