西日本は1日、晴れて35度以上の猛暑日になる所が多かった。気象庁によると、大分県日田市で38.0度、兵庫県西脇市で37.4度、福岡市で37.1度、大阪府八尾市と岡山県高梁市で37.0度を観測。福岡市や八尾市など、9月の観測史上最高気温を更新する所が相次いだ。
 高梁市は猛暑日の全国最長記録を更新し、連続24日となった。
 2日も東・西日本の日本海側や内陸部を中心に猛暑日になる所が多い見込み。気象庁は冷房を使うなどして熱中症を防ぐよう呼び掛けている。 

(ニュース提供元:時事通信社)