若田部昌澄日銀副総裁は2日、佐賀県の政財界人とのオンライン形式による懇談会で講演した。若田部氏は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う経済危機への対応に関し「財政と金融政策の連携が必要不可欠だ」と述べ、政府・日銀の協調の重要性を指摘した。
 若田部氏は、日本経済の現状について「依然として極めて厳しい状態だ」と強調した。コロナ禍の長期化を受け、「経済の課題が(企業の)資金繰りから支払い能力の問題に移る場合は、実体経済をさらに下押しする負の連鎖が生じる」と懸念を示した。その上で「ウィズコロナ時代の金融政策の在り方について検討を深めるべきだ」と語り、2%の物価目標など金融政策の枠組みの見直しを含め議論を進める考えを示唆した。 

(ニュース提供元:時事通信社)