大型で非常に強い台風9号は2日夕、九州北部に接近し、長崎県西方沖を北上した。朝鮮半島に上陸後、3日午後に温帯低気圧に変わる見込み。気象庁は九州では暴風や高波、高潮、大雨に厳重に警戒するよう呼び掛けた。四国や東海も大雨に警戒が必要。
 一方、台風10号はマリアナ諸島近海にあり、6日午後から7日にかけて九州に上陸するか、九州西方の東シナ海を北上する可能性が高い。西日本は大荒れになるとみられ、気象庁は早めに備えるよう勧めている。
 長崎県五島市の福江空港では2日午後10時10分ごろに最大瞬間風速44.8メートルを観測。この地点の観測記録を更新した。
 3日にかけての最大瞬間風速は九州北部50メートル、四国35メートル。波の高さは九州北部11メートル、九州南部9メートル、四国5メートル。
 4日午前0時までの24時間予想雨量は多い所で、東海250ミリ、四国200ミリ、九州北部100ミリ。その後、東海の5日午前0時までの同雨量は50~100ミリ。
 3日午前0時には、9号は長崎県対馬市の西約90キロの海上を時速30キロで北北東へ進んだ。中心気圧は950ヘクトパスカル、最大風速45メートル、最大瞬間風速60メートル。半径220キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、半径500キロ以内が風速15メートル以上の強風域。
 10号は2日午後9時、マリアナ諸島近海を時速15キロで西へ進んだ。中心気圧は985ヘクトパスカル、最大風速30メートル、最大瞬間風速40メートル。半径95キロ以内が暴風域、半径330キロ以内が強風域。 

(ニュース提供元:時事通信社)