台風10号の接近に伴い、小売り・外食業や製造業では6日も営業休止や操業停止の決定が相次いだ。大手コンビニエンスストアは計画休業を九州以外を含む計約4200店に拡大した。九州ではトヨタ自動車とソニーがいずれも3工場で操業を休止。襲来に備えて営業・稼働を見合わせ、従業員や顧客の安全確保に万全を期す。
 セブン―イレブンは5日から九州7県と山口県の約1650店で始めた計画休業を岡山、広島、四国4県を加えた2000店超(対象地域の店舗の約5割)に拡大。ローソンも九州、山口、愛媛で始めた休業対象を約1200店に広げ、ファミリーマートは九州・沖縄の全店舗の6割近く、約1000店舗で順次休業に入った。ローソンとファミマは7日、九州各県店舗への納品を原則見合わせ、セブンも一部店舗向けを取りやめる。
 外食では牛丼チェーン「吉野家」が九州を中心に13県の約120店で5~7日にかけて休業。客や従業員の安全を考慮し、九州・沖縄8県のファミリーレストラン「ガスト」など計約140店でも6、7日に計画休業を実施する。沖縄を含む5県の「大戸屋」では7日にかけて営業が見送られた。
 福岡市内の各百貨店は6日、台風接近に伴い、通常午後8時の閉店時間を福岡三越が同2時に、大丸博多天神店が同3時に、それぞれ大幅に繰り上げた。各店とも7日は臨時休業とした。
 一方、トヨタ自動車は福岡県宮若市のグループ完成車工場と、エンジンや部品を作る同県内の2工場で、7日の操業をいずれも休止。ソニーは画像用半導体などを手掛ける長崎県諫早市、熊本県菊陽町、鹿児島県霧島市の3工場で6日午後から7日ごろまでの操業休止を決めた。台風の暴風域を抜け次第、安全確認した上で再開を検討する。
 さらに、日産自動車は福岡県苅田町のグループ完成車工場で、ダイハツ工業は子会社の大分工場(大分県中津市)と久留米工場(福岡県久留米市)で、それぞれ7日午後にかけて稼働を停止。マツダは広島市などの本社工場や山口県防府市の工場で6日夜と7日の操業を休止。本社社員らに7日は出社せず、在宅勤務や有給休暇を取得するよう求めた。 
〔写真説明〕台風10号が接近し、品薄状態となったコンビニエンスストアの陳列棚。7日は休業を決めているという=6日、熊本県人吉市

(ニュース提供元:時事通信社)