大型で非常に強い勢力で九州西岸沖を北上した台風10号は7日午後、強い勢力で朝鮮半島南東部を経て日本海西部に進んだ。8日には中国大陸で温帯低気圧に変わる見込み。関東から四国にかけての太平洋側では南から暖かく湿った空気が流れ込み、激しい雨が降る所があった。
 気象庁は東海と関東甲信では8日にかけ、大雨による土砂災害や低地の浸水、河川の増水に警戒するよう呼び掛けた。8日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で、東海150ミリ、関東甲信100ミリ。
 一方、東北から山陰にかけての日本海側では、6日に続いて台風10号の影響によるフェーン現象が発生。35度以上の猛暑日になる所が続出した。新潟県胎内市で38.2度、山形県鶴岡市で37.5度、石川県輪島市で37.0度、鳥取県境港市で36.5度を観測した。 

(ニュース提供元:時事通信社)