【ブリュッセル時事】ギリシャのレスボス島にある欧州最大規模の難民キャンプで9日未明、大規模な火災が発生した。地元メディアなどによるとキャンプの大部分が被害を受け、1万2000人以上の難民や移民が避難した。死傷者は現時点では確認されていない。
 ギリシャのミツォタキス首相は対応を協議するため緊急の閣僚会議を招集。政府高官はアテネ通信に対し、被害は「全面的だ」と語った。
 出火原因は不明だが、同通信は新型コロナウイルス検査で陽性だった35人の難民らの一部が隔離措置を拒み、衝突が起きた後に火災が発生したと報じている。 

(ニュース提供元:時事通信社)