【ニューヨーク時事】米東部ニューヨーク州のクオモ知事は9日の記者会見で、新型コロナウイルス対策のため営業を停止しているニューヨーク市の飲食店の店内飲食について、30日から再開を認めると発表した。入店者数を定員の25%に制限することを求める。
 感染拡大を受け、ニューヨーク市の飲食店は3月に持ち帰りと配達を除く営業が停止。6月に屋外営業が再開したが、ウイルス拡散の懸念から店内飲食の再開が遅れていた。クオモ氏は「ニューヨーク市ではルールの順守が不十分だった」と再開を遅らせた理由を説明した。 

(ニュース提供元:時事通信社)