名古屋市の国際展示場で11日までの3日間、新型コロナウイルスに対応した商品の展示会「感染症対策総合展」が開催された。同市などが、新しい生活様式への取り組み支援として企画。防護服や空気清浄機、避難所向け簡易テントなどがずらりと並んだ。
 展示会には流通から製造まで110社を超える企業が出展し、初日からの2日間で約3000人が訪れた。市の担当者は「コロナ対応商品がこれだけ一堂に集まることはない。感染症対策の充実につながればいい」と語った。 

(ニュース提供元:時事通信社)