国内では12日、新型コロナウイルスの感染者が新たに648人確認された。死者は沖縄県で4人など計13人増え、累計で1454人となった。
 東京都では、感染者が新たに226人確認された。新規感染者が200人を上回るのは2日ぶり。
 都によると、重症患者は23人で、前日から1人減った。新規感染者226人のうち、30~50代が7割を占めた。
 鳥取県では、1日当たりで過去最多となる8人の感染が判明した。米子市の宿舎で県外在住の20~50代の建設業に従事する男女8人が感染。県は県内初のクラスター(感染者集団)と認定した。8人とも、11日に陽性と判明した建設業に従事する関東地方の30代男性の濃厚接触者で、同じ宿舎を利用していた。 

(ニュース提供元:時事通信社)