自民党総裁選に勝利した菅義偉官房長官は、安倍政権の経済政策アベノミクスの継承を掲げており、日銀の大規模な金融緩和路線は継続される見通しだ。日銀は当面、新型コロナウイルス感染症対応で政府と協調し、企業の資金繰り支援に全力を挙げる方針だが、金融緩和の長期化による副作用も目立ち始めている。
 菅氏は総裁選で「必要があれば金融政策をさらに進める」と発言。コロナ不況が深刻化すれば、一段の経済対策にとどまらず日銀の追加緩和も辞さない考えを示唆した。日銀も「政府と連携し一体となって財政・金融政策を運営していく」(若田部昌澄副総裁)との立場だ。 

(ニュース提供元:時事通信社)