政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会は15日、大都市の歓楽街での感染拡大防止対策を議論するワーキンググループ(WG)の初会合を開いた。「夜の街」での感染拡大を封じ込めるため、歓楽街に検査センターを設置する案などを検討。秋以降のインフルエンザとの同時流行に備えるため、来月をめどに具体策をまとめる。
 7月以降の全国的な感染再拡大は大都市の歓楽街での感染から広がったとされる。西村康稔経済再生担当相は会合で「歓楽街対策の抜本強化が今後の感染拡大防止に極めて重要だ」と指摘した上で、「感染拡大が落ち着きつつあるこの時期にスピード感を持って検討を進めたい」と表明した。 

(ニュース提供元:時事通信社)