格安航空会社(LCC)のジェットスター・ジャパン(千葉県成田市)が国内路線縮小に伴い、今月に入り、パイロットと客室乗務員を対象に希望退職の募集を始めたことが16日、分かった。新型コロナウイルスの影響で急減した旅客需要を踏まえ、コスト圧縮を図る。
 ジェットスターにはパイロットが約200人、客室乗務員は約400人在籍しているが、同社はそれぞれ具体的な募集人数を明らかにしていない。既に実施している一時帰休の延長や無給による長期休暇取得なども提示している。 

(ニュース提供元:時事通信社)