西日本鉄道の倉富純男社長は17日の定例会見で、2021年春のダイヤ改正で鉄道の終電時間の繰り上げを検討していることを明らかにした。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で深夜の乗客が減少していることなどを考慮するもので、来春の実施に向け詳細を詰めていく。 

(ニュース提供元:時事通信社)