関西電力は18日、福井県の美浜原発3号機と高浜原発1号機について、40年を超える運転に向けた安全対策工事が完了したと発表した。再稼働が実現すれば国内初の40年超運転となるが、地元の同意が得られるかは不透明で曲折が予想される。
 関電によると、安全対策工事では、原発を管理する中央制御盤のデジタル化や施設の耐震性向上などを実施した。美浜3号機は早ければ来年1月ごろ、高浜1号機は同3月ごろに再稼働する計画を示している。
 関電では昨年、原発が立地する同県高浜町の元助役から元幹部が多額の金品を受領していた問題が発覚。再稼働に必要な地元の同意が得られるかどうか見通せていない。 

(ニュース提供元:時事通信社)