【パリ時事】新型コロナウイルスの感染が再拡大しているスペイン・マドリード州は18日、首都マドリードなど一部地域で感染防止のための移動制限を復活させると明らかにした。規制は21日に発効し、対象となる住民は約86万人に上る。地元紙パイス(電子版)が報じた。
 州首相は記者会見で、住民は通勤や通学、通院など必要な用事以外では基本的に居住地域を離れられなくなると説明。同居する人以外での集会人数をこれまでの10人から6人までに制限すると述べた。違反した場合の罰則などは明らかにされていない。 

(ニュース提供元:時事通信社)