【ワシントン時事】米疾病対策センター(CDC)は18日、新型コロナウイルスの感染検査に関する指針を見直し、感染者と濃厚接触した場合は症状がなくても検査を受けるよう呼び掛けた。CDCは先月、無症状なら必ずしも検査は不要とする指針を出したばかりだが、専門家の批判を受け、わずか1カ月で元に戻した。
 新たな指針では、感染が確認された人から約1.8メートル以内に15分以上いるなど濃厚接触した場合、症状がなくても「検査を受け、医師や保健当局者に相談する」よう求めた。指針見直しに関しては「無症状や発症前の人が(他人に)感染させる重大さ」を考慮したと説明した。 

(ニュース提供元:時事通信社)