気象庁は21日、日本列島の南海上で正午に台風12号が発生したと発表した。今後ゆっくり北上して24日に四国から関東にかけての沿岸に接近、上陸する恐れがある。暴風域は伴わず、25日午後には日本海で温帯低気圧に変わる見込み。
 台風の北側には前線が延びており、気象庁は西・東日本では23日から25日に大雨や強風に十分注意するよう呼び掛けた。
 12号は21日午後6時、日本の南海上をゆっくりと北東へ進んだ。中心気圧は996ヘクトパスカル、最大風速20メートル、最大瞬間風速30メートル。南東側240キロ以内と北西側110キロ以内が風速15メートル以上の強風域。 

(ニュース提供元:時事通信社)