【ワシントン時事】米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は21日、景気と雇用の先行きについて「依然として極めて不確実性が高い」との認識を示した。その上で「力強い回復となり、経済への持続的な打撃を抑えるため、可能な手段を使う決意だ」と強調した。 

(ニュース提供元:時事通信社)