原子力規制委員会は23日、東京電力柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)の再稼働に必要な新規制基準への適合性審査で、安全を最優先とする基本姿勢などを盛り込んだ保安規定の内容を了承した。これで規制委の審査はほぼ終わるが、再稼働には地元自治体の同意が必要となる。
 保安規定は原発の運転管理などの基本的事項を定めた文書で、電力会社が作成し、規制委が認可する。事故時の対処方針などのほか、安全文化をつくり出す体制を記す部分もある。 

(ニュース提供元:時事通信社)