【ソウル時事】韓国国防省は24日、黄海で今週行方不明になった40代の韓国人男性が北朝鮮に射殺されていたと発表した。「北朝鮮の蛮行を強く糾弾する」と非難、全責任は北朝鮮にあると指摘して実態解明と責任者の処罰を求めた。
 発表によると、射殺されたのは海洋水産省の男性船員。小延坪島付近の海上で21日、業務中に船からいなくなったと通報があった。韓国軍が調査したところ、男性は北朝鮮海域で発見されたが、北朝鮮側の銃撃で死亡し、北朝鮮側によって遺体は火葬されたという。
 韓国メディアは、北朝鮮が新型コロナウイルスの流入を警戒し、火葬した可能性を指摘している。男性船員が自ら北朝鮮入りを図ったと疑う情報もある。 

(ニュース提供元:時事通信社)