【エルサレム時事】イスラエル政府は24日、新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからない事態を受け、全土のロックダウン(都市封鎖)をさらに強化することを決定した。25日から市民の生活維持に欠かせない商店の営業などを除く経済活動を大幅に制限し、デモにも厳しい制約を課す。地元メディアによれば、国際空港からの出発便も利用できなくなる方向で検討されている。
 新たな措置は2週間にわたって適用され、状況次第で延長の可能性もある。 

(ニュース提供元:時事通信社)