西武ホールディングス(HD)は24日、未定としていた2021年3月期連結業績予想について、純損益が630億円の赤字(前期は46億円の黒字)になると発表した。純損失は09年3月期以来12年ぶりで、赤字額は06年の同社設立以降で最大。新型コロナウイルス感染拡大を受けた外出自粛で鉄道やホテルの利用低迷が響く。
 売上高は前期比40.1%減の3320億円、営業損益は560億円の赤字(前期は568億円の黒字)を見込む。
 コスト削減のため、鉄道事業で終電時間を20~30分程度繰り上げる検討に着手した。夜間の保守点検時間を確保する狙いもある。早ければ21年春のダイヤ改正に反映させる。 

(ニュース提供元:時事通信社)