JR西日本は24日、複数の交通手段を組み合わせるMaaSの新アプリ「WESTER(ウェスター)」の提供を始めたと発表した。駅の平日・休・祝日別の混雑時間を表示し、新型コロナウイルス対策で密を避けて移動をしたいとの需要にニーズに対応する。また、JR東日本とMaaS事業で連携することで合意。JR東の経路検索機能を取り入れることなどを検討する。 

(ニュース提供元:時事通信社)