ソフトバンクグループは24日、新型コロナウイルス対策のため新設した「東京PCR検査センター」(千葉県市川市)を報道陣に公開した。同日から受け付けを始め、11月中に1日1万件の唾液を使った検査が可能な体制を目指す。
 あいさつに立った孫正義会長兼社長は「無症状者でも検査を受けられることが感染拡大防止に欠かせない」と強調した。当面は法人や自治体などが対象で、費用は配送料などを除き1回当たり2000円に抑える。
 検査は受診者がキットを使って採取した唾液を、配送業者が施設に届ける方式。到着後最短2時間で結果が出る。病院や保健所を介さず受診できる。 

(ニュース提供元:時事通信社)