【ニューヨーク時事】国連安全保障理事会で24日開かれた「新型コロナウイルス禍後のグローバル・ガバナンス(多国間統治)」を討議するオンラインの公開会合で、米中両国は再び激しく応酬した。感染拡大で「中国の責任」を主張するクラフト米国連大使に対し、中国の張軍国連大使は「もうたくさんだ。(米国は)世界に対して既に十分な問題を生み出している」と猛反発。安保理内の亀裂を改めて露呈した。
 会合では中国の王毅国務委員兼外相らが米国をけん制。これを受け、クラフト氏は演説で「恥を知れ」「目の前の重要な課題ではなく、政治的な恨みに焦点を当てている理事国を恥ずかしく思う」とまくし立てた。
 各理事国が演説を終えた後、張氏は反論の機会を求め「米国のコロナ対応の失敗は完全に自分が悪いということを理解すべきだ」と指摘。「誰かの責任を問うべきだとすれば、米国の少数の政治家だ」と述べた。さらに「米国は今、国際社会に背を向け完全に孤立している。目を覚ます時だ」とし、大国らしく振る舞うよう呼び掛けた。 

(ニュース提供元:時事通信社)