前線を伴う低気圧が四国沖から東北東へ進んだ影響で、25日午前は四国や紀伊半島で大雨となった。一方、台風12号から変わった低気圧が関東東方沖にあり、26日にかけて三陸沖や北海道の東海上に北上する見込み。気象庁は四国と近畿、三重県では大雨、東北地方と北海道の太平洋側では大雨や暴風、高波に警戒するよう呼び掛けた。
 高知、和歌山、三重各県では猛烈な雨が降り、記録的短時間大雨情報が相次いで発表された。1時間雨量は高知県室戸市・室戸岬で25日午前5時50分すぎまでに130.5ミリ、三重県尾鷲市では午前11時20分までに110.0ミリ、和歌山県新宮市では同時刻までに99.0ミリに上った。
 26日午前6時までの24時間予想雨量は多い所で、東北150ミリ、近畿120ミリ、四国と北海道80ミリ。その後、北海道の26日午前6時までの同雨量は100~150ミリ。
 東北と北海道で26日にかけて予想される最大瞬間風速は35メートル、波の高さは7メートル。 

(ニュース提供元:時事通信社)