【パリ時事】フランスのダルマナン内相は25日、同日発生した風刺週刊紙シャルリエブドのパリの旧本社付近での襲撃事件について、仏テレビで「明らかにイスラム教徒が起こしたテロ事件だ」と述べた。AFP通信によると、実行犯とみられるパキスタン出身の男(18)が警察に身柄を拘束されたほか、事件に関与した疑いで、アルジェリア人の男(33)ら6人が捜査当局の聴取を受けたという。
 25日の事件では、同紙の旧本社の建物に入居する番組制作会社で働く男女2人が重傷を負った。 

(ニュース提供元:時事通信社)