三菱自動車が11月中旬から600人程度の希望退職を募集することが26日、分かった。中期経営計画に沿った人件費削減の一環。新型コロナウイルスなどの影響を受けて悪化した収益の改善を図る。
 希望退職の対象は、東京にある本社、岡崎製作所(愛知県岡崎市)や水島製作所(岡山県倉敷市)などに勤務する45歳以上の従業員。希望退職募集は「ここ10年はやっていない。相当久しぶりだ」(幹部)という。 

(ニュース提供元:時事通信社)