富士フイルムは29日、検査や診療時に使用する内視鏡向けの付属品2種を10月1日に発売すると発表した。被験者の顔や内視鏡スコープをシールドで覆うなどし、医療従事者を新型コロナウイルスによる飛沫(ひまつ)感染から守る狙い。 

(ニュース提供元:時事通信社)