アフガニスタン中部ダイクンディ州で29日、道路付近に仕掛けられていた地雷が爆発し、地元警察によると、現場を通りかかった小型バスが巻き込まれ、乗客ら15人が死亡した。死者には女性7人と子供6人が含まれ、子供3人が負傷した。
 バスには州内の宗教施設に向かう複数の家族が乗っていたという。地元民放トロTVによれば、内務省当局者は反政府勢力タリバンの仕業と断じたが、タリバンは犯行声明を出していない。 

(ニュース提供元:時事通信社)