MS&ADインシュアランスグループホールディングスは30日、国内外の石炭火力発電所に対する建設工事保険などの引き受けと投融資を原則停止すると発表した。東京海上ホールディングス、SOMPOホールディングスもすでに同様の方針を決定。各社とも気候変動対応を強化する。 

(ニュース提供元:時事通信社)