警察庁は1日、今年上半期(1~6月)に全国の警察が扱ったサイバー犯罪に関するまとめを発表した。新型コロナウイルスに関連した検挙や相談事案は計608件を確認。インターネットバンキングを悪用した第三者による不正送金は885件で、被害総額は約5億1200万円に上った。
 新型コロナ関連の事案は2月下旬以降、44都道府県の警察から報告があった。「サイトでマスクを注文したが、商品が届かない」といった詐欺が286件(47%)で最多だった。
 携帯電話会社を名乗り、「政府の要請で給付金を送るので、記載されたURLから申請して」などと不審なメールが届く事案は115件。マスク購入のために入力したクレジットカード情報が盗まれるなどの個人情報不正取得は55件あった。
 飲食店に感染者がいると虚偽の情報をネット上に投稿するなどの業務妨害は57件で、検挙事例もあった。 

(ニュース提供元:時事通信社)