百貨店大手4社が1日発表した9月の既存店売上高(速報)は、前年同月比3~4割減少した。新型コロナウイルス感染拡大の影響に加え、昨年10月の消費税増税前の駆け込み需要の反動、台風による臨時休業もあり、マイナス幅が拡大した。
 大丸と松坂屋を傘下に持つJ・フロントリテイリングは40.6%減、高島屋は35.2%減、三越伊勢丹ホールディングスは32.7%減、そごう・西武は29.1%減と、いずれも8月から大幅に悪化した。高級ブランド品や宝飾品は想定したほど悪くなかったものの、振るわなかった。「コロナで訪日外国人消費は消滅状態」(高島屋)で、東京や大阪の旗艦店での苦戦が続いている。 

(ニュース提供元:時事通信社)