東京都医師会の尾崎治夫会長は1日のBS番組で、東京五輪・パラリンピックに関し「観客も入れるとなると、来年3月ごろにある程度めどが付いていないと難しい」と述べ、来春に新型コロナウイルスの世界的な感染が一定程度収束していることが観客を入れての開催に必要との認識を示した。
 尾崎氏は「選手や役員だけしっかりPCR検査を行い、感染予防をするなら、日本が3月までに抑えられていれば、(開催は)何とかできる」とも指摘。田村憲久厚生労働相は同じ番組で、「観客が入ることで感染が拡大すると困る。どうすれば抑えられるのか、抑えられないのかを検討し、最終的にどのような五輪をやるのか判断する」との見通しを示した。 

(ニュース提供元:時事通信社)