中国と国境を接するインド北部ヒマチャルプラデシュ州で3日、国境地帯への通年のアクセスを容易にする山岳トンネルが開通した。45年ぶりに死者を出した今年6月の軍同士の衝突以降、中印両国の緊張は高まったままだ。モディ首相は開通式で演説し、「国境地帯のインフラ整備は、住民だけでなく軍の助けにもなる」と意義を強調した。
 全長約9キロのトンネルは、ヒマラヤ山脈沿いの標高約3000メートルの高地に建設された。トンネル周辺は例年、大雪によって1年のうち半年近い期間、道路の通行が困難となっていた。トンネル開通により、道路が約45キロ短縮され、国境地帯への軍部隊や物資の移動が容易になった。 

(ニュース提供元:時事通信社)